EVENT NEWS

【期間限定展示】英国紳士が音楽の真髄に踏み込む!TANNOY Stirling/GRが再び登場致します!

いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。 オーディオスクェア幕張新都心店、先日の血液検査でγ-GTPと尿酸値の数字が下がって 喜んでおります、雨谷です。 閑話休題。 今回は、期間限定にて展示開始致します、TANNOY「Stirling/GR」のご紹介で...

2017年4月30日日曜日

【期間限定展示】光城精工の仮想アースForce bar EPをデモンストレーション中です^^



いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます。
オーディオスクェア幕張新都心店の、iphone7からiphone7?に機種変更した変わり者の
雨谷です。
同じ、機種を変更したのはただ「赤いiphone」だからです。
オーディオもスマートフォンも「見た目」は大切ですよね。。。

閑話休題。

さて、今回は見た目も「COOL」な光城精工Force bar EPのご紹介です。
まずは、商品をご覧ください。




光城精工 
Force bar EP
メーカー希望小売価格28,000円(税抜)



仮想アース商品は数あれど、今回私がForce bar EPをお勧め致しますのは、何といってもコストパフォーマンスの高さと導入がし易いから、の2点です。

使用法はいたって簡単です。ポン置きしたForce bar EPのアース端子と付属のケーブルで機材の空きRCA端子を接続するだけです。


設置に1分とかかりません。ただこれだけで音が変わるのか?
まず直ぐに分かる事は、
音場のピントが正確に合う、そして音の情報量が上がります。
音の芯が立ち上がり、スピード感が増します。
ぼやけていた空気感が整然とします。
ざっと感じる点だけでも、導入すると手放したくない感じがしてきます。




オーディオにおいて、ノイズを如何に減じて純粋な音楽信号だけを再生するか?これはなかなか難しい問題なんですが、1つの解決策がこのアース対策なのかもしれませんね。

また、このForce bar EPは同社のForce barシリーズの電源タップと連結させて使用もできますので、セッティングの幅が増えます。
そして、電源タップとして使用した場合の印象ですが、
S/Nの向上、これに伴い余韻感が高精細に表現され、定位感もしっかり出るようになりました。

当該商品はゴールデンウイーク中、常設展示しております。
是非、行楽の合間などにご来店頂き効果の程をお聴き下さいませ!

最後までご覧いただきましてありがとうございました。
次回の更新もお楽しみに。皆様のご来店こころよりお待ちしております!








【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
S h i n g o    A m a g a i






オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp




2017年4月28日金曜日

【お届けレポート♪】エディ・ヒギンズのピアノが目前に…!Brodmann F1が奏でる珠玉のジャズサウンド☆





いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます!
オーディオスクェア幕張新都心店の石井です(^^♪



当店での期間限定展示中に大反響をいただいたBrodmann F1をお届けに、お客様宅へお邪魔してまいりました。
大変ありがたいことに、今回は当日の様子を掲載させていただく許可をいただくことが出来ましたので、素敵なご自宅のお写真と併せて皆様に紹介いたします(^^♪
掲載の許可をいただきありがとうございます!




Brodmann
Festival Series
"F1"

なんて素敵なお部屋でしょう…。
味わい深いローボードは安定感抜群で、下手にオーディオラックを選ぶよりも音質的にも良いと思えるつくりと仕上がりの良さ。
整然と並べられたお気に入りのCDたちが「かけてくれないかな、かけてくれないかな」と、待ち遠しそうにこちらを見つめているようでした^^
控えめでいて上質なこの空間にすっと現れたこのスピーカーも、ご覧の通りの端整な顔だちで、やわらかいブラウントーンのお部屋に絶妙な緊張感をもたらしていました。
床には厚めの板を敷き詰めたフローリングに、その下はコンクリートとスピーカーにとってはこれ以上ないほどの理想的環境。
軽量ながら足元の状態により機嫌を損ねてしまうこともあるこのスピーカーは実は扱いが難しいものの、今回は「これなら満足!」と言わんばかりにとっても誇らしげに立ってくれていました。
そんな足元にはご主人が「階段を仕上げる時に余ったオークの板、使ってみる?」と出してくださった板をあてがってみると、これがまた効果抜群でほどよい低域の量感が出てずっと保管してくださっていた甲斐があったようです(^^
密度も素晴らしく本当に既製品のオーディオボード並み…!
そしてお供をするのは、以前当店でお買い求めいただいたAccuphaseのCD専用機DP-410と、こちらも当店でのお付き合いのきっかけになったMcIntosh MA-5200でございます。
McIntoshとBrodmannとは、オーディオに詳しい方ならなおさら「それはどうなの?」と思われる組み合わせかもしれません。
それもそのはず。
クラシックを得意とすオーストリアはウィーンからやってきたBrodmannにJAZZと言えばのアメリカのMcIntoshとは、実際その音はいかがなものでしょうか。
そこはもちろん相性抜群(^^♪
以前もVC1の記事で紹介しておりますが、Brodmannは何をかけてもとっても美しく聴かせてくれる素晴らしいスピーカーです。
というのも、すでに納品させていただいていたMA-5200をお客様の御厚意もあり、一度お店にお持ちいただきBrodmannと組合わせて聴いていただいたのです。
McIntoshと言えばそれはもう音楽を「楽しむ」アンプであり、その独特の抑揚やリズム感、本当に楽しく聴いていられる感触がボク自身なにより大好きなアンプです。
そこにBrodmannが加わると、思いもしないような、やわらかくもディテールを損なわない、音楽性に富んでおり瞬発力の利いた、隙を感じさせないサウンドが広がるんですね…!
これには本当に驚きです。
疲れない、そして音楽がこころから楽しめる。
ほろ酔い気分に浸るような、それこそ「音楽に浸かる」とでも言うのでしょうか。
程よく泡がはじける感触が華やかで、そんなグラスに輝くシャンパンのようにきらきらした音が空間中に広がっていく様子、芸術的な時間でしたね。




ご子息様やお孫様もいらっしゃるお部屋ということで、かわいらしい仲間も同席^^
この素敵な場所は、素晴らしい物がそろっているということ以上に、ここで過ごされる時間自体がとても素晴らしいものであるからこそと感じます。
だから、同居する数々の逸品がまた更なる魅力を纏ってお部屋を彩っているのでしょうね。
ひとつひとつにストーリーを感じます。




そんなお部屋の出窓には、イングリッシュガーデンを髣髴とさせる鮮やかなお花たちが。
奥様がお好きなようで、ボク自身祖母の家のことを思い出したほどです。
プライベートでもよく季節の植物は取りに歩くのですが、こんなに綺麗にお花を移すことが出来たのは本当にひさしぶりです。
なによりこんなに美しく、丁寧にお手入れがなされたお花というのは稀ですからね。
高々と咲いているお花たちも誇らしげに見えますね。
皆さんとっても美人です^^*
蘭と言えば、お花を咲かせた後、もう一度咲くまでがとても大変なお花なのですが、こちらではなんと6年も連続でその美しい姿をご覧になっているのだとか…!!
この鮮やかさ、お花はもちろんですが葉っぱがとっても健康的な色をしているのに驚きでした。
実はボクの祖母の家は農家だったもので、よく祖母にあれは〇〇ていう花だよなどと色々教わって育ったので、当時のことを思い出してしまうくらい素敵な色をしていました。
視力はとてつもなく悪いのですが、色彩判断能力テストでは最高クラスの識別力があるなんて結果を得たこともあるので、この感覚は間違いありません!
本当に素敵なお色でした。
素敵なお花がある空間に、素敵な音楽だなんて、こんなに幸せなことはないですよね。







窓際から覗くお庭も素敵でした!!!
外国にいるみたいに見えませんか?
中学生時代は友達と春蘭を山にとりにいって枝を浮かせて部屋で育てていたこともあるので、またお部屋にグリーンがある暮らしもいいかもしれませんね。
こんなに綺麗には出来ないかもしれませんが、あらためて植物とともに過ごす空間、その癒しと芸術性に気づくことが出来た貴重な時間でした。
ついにご主人様の御眼鏡に適った素敵な音楽とともに、素敵なお花たちももっともっと美しく色づいてくれることでしょう(^^♪

この度も当店をご利用いただき、さらには貴重なお時間をいただいてご自宅にお邪魔させていただき、本当にありがとうございました!





石井セレクト本日のオススメ(^^♪



BEWITCHED
EDDIE HIGGINS TRIO
Venus Records


今回Brodmannの魅力に迫るため、お客様のリファレンスディスクとして毎回お持ちいただいていたのがこちら。
ジャズのAutumun Leavesと言えば多くの名手が編曲・演奏を手掛けた名曲のひとつですが、このエディ・ヒギンズが奏でる音符が躍るようなリズミカルなピアノは必聴!
気持ちが自然と乗ってくるとってもロマンチックなサウンドに虜になること間違いなし。
どなたにでもおすすめできて心地よいこの楽曲は、誰もが一枚持っておいて絶対に損しない、そして本当に耳にしておいてほしい素敵なサウンドです。
そもそもピアノメーカーであるだけにピアノサウンドの王者たるBrodmannでこちらをかければ、それはもう…!
目前にはエディ・ヒギンズが、コンサートに招かれいくらかかるのかという特等席で耳にするのと同じ音が広がるではありませんか。
こんな贅沢なことあるのでしょうか。
鍵盤の上を、ステップを踏むように軽やかに演奏するその姿が見えてくるサウンドステージ、皆様にお聴かせできる機会が来れば、その時は他にない感動をお約束出来るでしょう。
ジャズのリファレンスディスクになり得る名演奏、ぜひ皆様もお試しあれ。











次回の更新もお楽しみに!
皆様のご来店、こころよりお待ちしております☆






【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
T a k a h i r o    I s h i i






オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp





2017年4月27日木曜日

【期間限定展示】英国紳士が音楽の真髄に踏み込む!TANNOY Stirling/GRが再び登場致します!

いつも当ブログをご覧いただきましてありがとうございます。
オーディオスクェア幕張新都心店、先日の血液検査でγ-GTPと尿酸値の数字が下がって
喜んでおります、雨谷です。

閑話休題。

今回は、期間限定にて展示開始致します、TANNOY「Stirling/GR」のご紹介です。
昨年末期間限定で展示をさせていただいた時に大好評でしたので、再び当店に登場となりました。

気になっていたけど年始は忙しくて聴きに行けなかったというお客様も、今回はゆっくりと御試聴頂けます!

展示期間:4月28日(金)午後~5月14日(日)

雑誌等でよく見かけるモデルですが、実際にその音を聴ける機会というのは中々無いでしょうからこれは貴重なチャンスです!
今度こそお聴き逃しなく!



前回の展示の様子。
内側のスピーカーが「Stirling/GR」です。
TANNOY
Prestige Gold Reference

Stirling
メーカー希望小売価格 Pair 820,800円(税込)


端正なプロポーションから想像し得ないほど堂々たる音楽再現性能を発揮するスターリングは、まぎれもないタンノイの血をひく正統なる逸品です。

本当に素敵な仕上がりと、サウンド、唯一無二の魅力を放つスピーカーです。
また、そのルックスから「クラシック専用」とイメージされがちですが、実は全くそんなこともなくジャズやロック、J-POPであっても、このTANNOYから放たれる音楽に感動を覚える事間違いありません。


最後までご覧いただきましてありがとうございました。
次回の更新もお楽しみに。皆様のご来店こころよりお待ちしております!








【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
S h i n g o    A m a g a i






オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp

2017年4月24日月曜日

世界中の誰もやらないような意外な組み合わせが実は良かったりする笑





いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます^^
オーディオスクェア幕張新都心店の石井です。


今日は商品というか意外な組み合わせのおもしろさについてお話ししようと思います。
というのも、お店に来ていただけるお若いお客様(最近18の男の子ともお話ししました)からすると、どうしても【オーディオ=Classic or JAZZ】みたいなイメージがあるそうで、ボクがしょっぱなEd Sheeranかけたりしてびっくりしてました笑
いいんです、好きな楽曲を好きなように楽しむ、そうして買ってくれたひとが笑顔になってくれたり癒されたと思ってくれればオーディオたちだってきっとうれしいに決まってます^^*
だからもっともっと気軽に、自由に、たくさんのお客様にオーディオを楽しんでいただきたい。
石井がどれだけ自由かというと、つまりこういうことです…。







PIEGAの試聴会でも大活躍だったmarantz最新にして最上級プレーヤーのSA-10にOCTAVEも最新機のV110SE、先日も紹介して大好評だったオーストリア・ウィーンの高級スピーカーメーカーBrodmannのVC1でEMINEMをかけてみたり(^^♪
これがまたすっごくいいんですよ☆
意外なほどどっしりと低音が出る上に繊細でいて刺さらない音は歌声を艶やかに表現してみせるわけですが、こういうラップではしっかりキレの良さを残しつつスピーカーの外側にまで広がるステージ感と空間に響き渡る余韻がこの楽曲に詰まっている世界観をとてもわかりやすく表現してくれるんですね。
ミキシングされまくっている楽曲ほど、そこに考えつくされた表現の在り方があるわけで、よくあるモニター系なスピーカーとは違って楽器的ななり方をするこのスピーカーに驚くほどマッチしているように感じてしまうのです。
エミネムがとーってもかっこよく聴こえるんです…!
世界中どこを探しても、こういう楽しみ方をしているのはこのお店だけだと思います笑
でも結果素敵なのだから十分アリ!
ベートーベンのピアノを作っていた由緒正しき歴史あるメーカーですが、これを逆手に取るとあらゆるジャンルで素敵な音を聴かせてくれる素晴らしい一台とも言えますね。
こういう楽曲のMV(ミュージックビデオ)って、オシャレですし意外とそんな映像の中にBrodmannが登場したりしても、足元やユニット外周を飾る真鍮のゴールドとかが華やかで実は雰囲気抜群だと思うんだよなぁ…。
あるときテレビでHERMESのバーキンを木村拓哉が「これ男が使ってもいいんですか?」と尋ねた時、HERMESのひと?があんな高いバッグをぐしゃぐしゃに踏みつけてあらまぁと思いながらもこれでラフに使えるでしょとぽんと渡していた時には"どう使うか"ってこういうことなんだなぁと感心してしまいました。
かわいそうなのでオーディオは踏みつけてほしくはありませんが!それでもロック大好きなひとがアンプに片足かけながらツーショットとかは素敵かも^^

そもそも石井がそういうジャンル聴くんだ!と驚かれたお客様、よくお客様が言う「なんでも聴くよ」という以上に、石井の守備範囲は思いのほか広いですよ笑
なので、遠慮せずお聴きのジャンルを聴かれたらお好きなものを教えてくださいね♪
これがアニソンだろうと演歌だろうと、自分の好きな楽曲が素敵と感じられればなんでもありなのです…!
OCTAVE V110SEの貸し出し期間は終了してしまいましたが、BrodmannやPIEGAはもう少しだけお借りできそうなので皆様も聴きに来て欲しいです^^






そしてオーディオってなにより"音楽"あってこそのものであって、アーティストたちの楽曲があるからこそ成り立つものでもあると思います。
それが一般的には"音"でしかないと言われるものだとしても、オーディオたちの個性を通して耳にしてみるとおもしろいものですよ。
クルマ好きの方とかは例えば、スーパーカーのエンジン音とかハイクラスのオーディオで聴いてみたいとか思いませんか?
マセラティの余裕ある感じや、ロールスロイスのまさに優雅で大人な感じ、たまらないですよ~(^^♪



石井セレクト本日のオススメ(^^♪



EMINEM
CURTAIN CALL
The Hits
Aftermath Records


Track:6 LOSE YOURSELFなんて誰だって一度は聴いたことはあるはず…と思いたい!
こう、勢いつけたいときとかちょっとノリたいとき、あるいはイヤなことがあって少し凹んでいるときとかなんかすごい味方になってくれる音楽だと思うんです。
1曲目の冒頭ちょっとお下品な感じに始まるあたりらしくておもしろかったりします!
そもそも音楽に「こうでなくちゃいけない!」は「無い!」
自宅でもばりばりかけてますからね笑
実はロマンチックだったり切なげな雰囲気もあったりで、単純に素敵ですし、落ち着きたいときにも聴いてます。






皆様もぜひ「こんなの聴いたりする?」って感じで幅広いジャンルの音楽を聴かせてください!
もっと音楽でオーディオを楽しみましょう^^




次回の更新もお楽しみに!
皆様のご来店、こころよりお待ちしております☆






【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
T a k a h i r o    I s h i i






オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp








2017年4月21日金曜日

【週末期間限定展示!】Air Tightのセパレート真空管アンプが期間限定で幕張店に登場!米国での圧倒的人気を誇るJAPANサウンドをぜひ!





いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます^^
オーディオスクェア幕張新都心店の石井です。


今日紹介するのはAir Tight(エアータイト)の真空管アンプATC-1,ATM-1Sでございます☆
幕張店にこちらのブランドが登場するのはおそらくはじめてではないでしょうか。
ワールドワイドに展開する日本ブランドであり、米国では特に人気というこちらのブランド、実際に見れて聴くことが出来るこの機会をお見逃しなく!




Air Tight
Valve Stereo Power Amplifier
ATM-1S
メーカー希望小売価格 641,520円(税込)
メーカーサイトはこちら

どこか懐かしいレトロなスタイルがかわいらしくもありますね^^
コンパクトでありながらしっかりした作りこみはさすがは日本製ですね。
長い間形を変えずにロングランで作られ続けているのは人気のある証拠でしょう。
バイアスメーターもクラシカルで見ていて楽しいですね。
バイアス調整をするときに各真空管のポジションを変えるノブなんて「カチっ」とした確かな感触がたまらなくいいです…!
重要なサウンドは、やはり真空管らしさを感じさせてくれるあたたかで濃密なサウンド。
先週試聴会を開催したOCTAVEと比べるとややおとなな雰囲気の鳴り方をしますね。
おだやかで空間の邪魔をしない音作りはなかなか他に例を見ない魅力があります。
それでいて中域がどしっと前に出てくる感じは



なんと石井がこの前買ってきてOCTAVE V40SEに取り付けたのと同じelectro harmonix EL34ではありませんか^^
こうしたところで使われているのを見るとちょっとうれしいですね。
Air Tightのプリントが重ねられているのがまた格好いいです。







Air Tight
Valve Pre Amplifier
ATC-1/High Grade Volume Ver
メーカー希望小売価格 505,440円(税込)
メーカーサイトはこちら

今回お借りしたプリアンプATC-1はボリュームに高級パーツを使用した特別仕様でございます^^
こちらも控えめな顔立ちがとっても素敵な薄化粧の美人さんというような感じがしますね。
パワーアンプ同様、このブランドにしかなしえない魅力を感じます。



急な告知になってしまいましたが、期間限定展示ですので気になるお客様はぜひお早めに!





次回の更新もお楽しみに!
皆様のご来店こころよりお待ちしております^^









【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
T a k a h i r o   I s h i i





オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp



2017年4月19日水曜日

【期間限定】驚きの効果を是非店頭にてお聴き下さい、デンマークから新しい発想のインシュレーターが届きました。





いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます☆
オーディオスクェア幕張新都心店の雨谷です。

今回はフューレンコーディネートから発売されますデンマークANSUZ Acousticsのインシュレーターをご紹介致します。

まずは、商品をご覧ください。


と、こういうアクセサリー大好きな石井も割り込んじゃいます笑
お写真見て「もしやこの部屋は…?」と勘付いた方はするどい!石井の自宅に持ち込んでDP-430の下に敷いたり天板に載せたり色んな方法で実際に使ってみました♪








ANSUZ Acoustics
Darks Aluminium
メーカー希望小売価格:31,320円(税込)1pcs.




今回試してみてとってもよかったのはこちらの製品!とーっても音の繋がりが良くなります。
なにより「DP-430の音には満足していたのに…こんなにも変わるのかーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!」っと。
その変化の度合いは以前も紹介したことがあるイタリアMUSIC TOOLS SPIKE HULL2 SLN-204にも匹敵する、もはやそれ以上かもというくらいだから本当に驚いております。
ホントはプレーヤーも上級機が欲しいに決まっているじゃないですか。
でも、これ足せば十分良くなるということに気付いてしまった。
SACDって綺麗だけど場所によってCD特有の抑揚の強さ、元気で華やかな感じがなくなってしまうところもあるわけですが、これを使うとそんな華やかさを残しつつ情報量が増えたような、点々としていた音がすっとすべてがつながったように綿密に艶やかに、潤いをまとって聴こえてくるではありませんか…!
そして中毒的な効果のあまり、外すと寂しくなってしまうほど…><。
買っちゃおうかな…笑

大きさはご覧の通りで、よくあるプレーヤーについているフットと同じくらいかひとまわり小さいくらいの取り回しのしやすいサイズ。
仕上げもとってもキレイで、価格がひとつ3万円するだけのことはありますね…!
デンマークと言えば石井も愛用するDALIであったり、様々なオーディオブランドがあるお国ですが、こんな振動対策アイテムでも素晴らしいものがあるとは驚きです。

今回個人的にはこちらのDarks Alminiumを3点支持で前にふたつ、うしろにひとつでDP-430の下に敷いた状態がベストでした^^*
つまり、9万円と…。
でもその価値ありと判断せざるを得ないパフォーマンスの高さ、今ならお店で試したりさわったりできるのでこの機会をお見逃しなく!



ANSUZ Acoustics
Darks DTC
メーカー希望小売価格:店頭にてお問い合わせ下さい



プレイヤー下部の既設のインシュレーター部では無く、トランスポート、電源回路、メイン基盤部等に、ねじ等の凹凸に注意を払い設置すると効果的です。
インシュレーターを設置し使用するとS/N比が向上し楽曲のざらつきが激減し解像度も上がるのが直ぐに実感できます。

また、プレイヤー天板部のトランスポート部分に1つ置くだけでも、同様の効果が得られるのが面白いところです。
実際に、このインシュレーターを使用し聴いた後に外してみると元の音では物足りなくなってしまう事受けあいです。

Darks Aluminiumを使用するとDarks DTCに比べナチュラルに効果がじわりと出る感じ、かたやDarks DTCは解像度がビシッと上がり楽曲のピントが合う事が実感出来ました。


ほどよく余裕が欲しい方には先ほどのアルミニウムモデルを、完璧なばかりに音像定位を狙う方にはこちらですね。
楽器・ボーカルの位置、部屋の広さなど、圧倒的な空間表現能力を求めて、それこそハイエンドクラスのプレーヤーをお使いの方が仕上げにこれを足したらそれはもう想像を絶する描写をまざまざと見せつけてくれるでしょう…。


音が見えるなんてことは現実無いとしてもこれを足すといやでも見えてくる、そんな驚きの効果です…!!!!!





3層の金属ベースの間にセラミックボールを各3個、計6個挟んだハイブリッドインシュレーターです。

高層ビルの免震構造のようなこの不思議なインシュレーター、是非ご来店頂き実感下さいませ。





次回の更新もお楽しみに!
皆様のご来店こころよりお待ちしております^^









【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
Shingo Amagai
&
T a k a h i r o   I s h i i





オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp


2017年4月18日火曜日

【お届けレポート♪】お客様の御自宅にお伺いしてきました!






いつもブログをご覧いただきましてありがとうございます!
オーディオスクェア幕張新都心店の雨谷です。

昨日17日にお客様にご購入いただいた商品を搬入・設置してまいりました
お客様にもご了承のうえ、その様子を紹介いたします。




今回搬入させていただいたお品物
TANNOY Turnberry/GR
メーカー希望小売価格:486,000円/台(税込)
メーカーサイトはこちら

Accuphase E-600
メーカー希望小売価格:734,400円(税込)
メーカーサイトはこちら

Accuphase DP-560
メーカー希望小売価格:648,000円(税込)
メーカーサイトはこちら


寝室という最もプライベートな空間に、お客様の長年の夢だったとおっしゃるこのシステムを設置させて頂きました。


薪ストーブ調のインテリアとTANNOYが非常にマッチしており素敵な空間です。


そして、TANNOYを奏でるは、Acuuphase最上位プリメインE-600そしてDP-560。

設置が無事に終了し、いよいよ音出し。
お客様が用意されていたディスクは、ハワイアン音楽の巨匠 Keali'i Reichelの楽曲でした。
千葉県某所の海辺の街でTurnberryから流れるビロードのように滑らかな音に、お客様もご満足の様子でほっと致しました。
日常的に接している製品が、お客様のご自宅で違う表情を見せる。我が子を手放す様な感情がこみ上げてくると同時に感慨深く、末長くお客様に愛されて欲しいと思います。

本当にありがとうございました。


次回の更新もお楽しみに!
皆様のご来店こころよりお待ちしております^^








【オーディオスクェアのWEBページがスマートフォンでも見やすくなりました(^^♪】



Presented by
Shingo Amagai






オーディオスクエア幕張新都心店
お電話・メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ

TEL: 043-350-3707

MAIL: audio-square103@nojima.co.jp